エイジレスバレエ@パーキンソン病ダンスクラス(SAY America)


アメリカ ワシントンDC・・・
11月13日/20日 パーキンソン病の方のためのダンスクラスにゲストとして参加しました。

パーキンソン病の改善には、音楽に合わせて身体を動かすことが有効とされているそうです。
バイオリンの音楽に合わせて、手を動かし、足先を動かし、身体全身を動かし、皆さん楽しんで踊っていました。
私も上半身のストレッチと足を上げる動きをいれた振付を、バイオリンの音楽に合わせて、皆さんと楽しみました。

2回目参加させていただいた時、生徒さんも、先週私が参加したことを覚えていてくださり、レッスン始まる前に声をかけてくださりました。
レッスン終了後も、「また来てね!」と言ってくださり、とても嬉しかったです!
私もまた参加できることを心待ちにしております。

この2日間は、先生のダンスの動きなど本当に勉強になり有意義な時間となりました。

最後に、皆さんと記念撮影☆
先生とバイオリン奏者と生徒の皆さん。

2014-11-21 05.06.21